今すぐお問い合わせ
アマゾン・ウェブ・サービス向けクラウドX®フュージョン

アマゾン・ウェブ・サービス向けクラウドX®フュージョン

アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)向けクラウドXフュージョンは、AWSのグローバル・クラウド・プラットフォームを、グローバル・クラウド・エクスチェンジの世界各地を幅広くカバーするグローバルMPLSネットワークとシームレスに接続し、公衆インターネットをバイパスすることでセキュリティの向上、エンド・ツー・エンドでのパフォーマンス保証、およびクラウドのメリットを最大限に活かせる俊敏性を実現します。

すべてのAWSサービスとの互換性

クラウドX®フュージョンは、アマゾンEC2、アマゾンS3、アマゾンCloudFront、アマゾンRDSなど、アマゾンのすべてのインフラ・サービスのほか、アマゾンWorkSpaces、アマゾンEMR、およびアマゾンWorkDocsなどのプラットフォーム・サービスとシームレスに動作します。アマゾン仮想プライベート・クラウドにクラウドX®フュージョンを使って接続し、エンド・ツー・エンドで完全にプライベートなAWS環境を利用することもできます。

エンド・ツー・エンド・パフォーマンスが保証されているグローバル・クラウド・エクスチェンジのMPLS接続の高い信頼性により、レイテンシやパケットロスといったネットワーク・パフォーマンス上の制約を取り除くことができるので、大量のデータをAWSに、またAWSから移動する場合も、より高速かつセキュアに操作することができ、AWSのユーザー体験はより快適なものになります。

また、グローバル・クラウド・エクスチェンジのオンデマンド帯域幅がもたらす柔軟性により、アマゾンElastic File SystemEFS)を利用した「バーストする」ワークロードは、必要な時に必要な帯域幅を確保できる一方、帯域幅ニーズがなくなれば元の帯域幅に戻ります。

アマゾン・ウェブ・サービス向けクラウドX<sup>®</sup>フュージョン

アマゾン・ウェブ・サービス向けクラウドX®フュージョン

クラウドX®フュージョンはアマゾンのすべてのインフラ・サービスとシームレスに動作します。

お客さまが必要とする接続とカバー範囲を提供

ユーザーのいる場所がどこであっても、お客さまはサービス・レベル・アグリーメントによる保証のあるプライベートなグローバル・クラウド・エクスチェンジのネットワークから、グローバルかつダイレクトにさまざまなAWSリージョンのアマゾン・クラウド・サービスにアクセスすることができます。

アマゾン・ウェブ・サービス向けクラウドX<sup>®</sup>フュージョン相互接続拠点

北米

ヨーロッパ

アジア

AWS米国東部(バージニア州)
アッシュバーン(バージニア州)

AWS米国西部(北カリフォルニア)
シリコンバレー(カリフォルニア州)

AWS EU(アイルランド)
スラウ(英国)

AWS EU(フランクフルト)
フランクフルト(ドイツ)

AWSアジアパシフィック(シンガポール)
シンガポール(シンガポール)

AWSアジアパシフィック(シドニー)
シドニー(オーストラリア)

AWSアジアパシフィック(東京)
東京(日本)

 

特徴

接続オプション

  • MPLS VPNまたはグローバル・イーサネットを介したネットワーク接続は、低遅延と高いスループットが保証されており、アプリケーションでは、インターネットのピアリングに関する問題や混雑の影響を受けずに済みます。
  • シングル・サイト
    • グローバル・イーサネットが、お客さまのサイトとアマゾン・ウェブ・サービスとの間でエンド・ツー・エンドの専用接続を提供します。
  • マルチ・サイト
    • グローバル・イーサネットおよびMPLS VPNがアマゾン・ウェブ・サービスへの専用接続を提供し、これを複数のサイトで共有します。
  • 接続で利用可能な帯域幅:
    50 Mbps / 100 Mbps / 200 Mbps / 300 Mbps / 400 Mbps / 500 Mbps / 1 Gbps
  • グローバル・クラウド・エクスチェンジのネットワークは世界各地を幅広くカバーしており、ほぼすべてのビジネス市場においてお客さまのWANからダイレクトにAWSに接続することができます。

俊敏性と柔軟性

  • AWSはグローバル・クラウド・エクスチェンジのネットワークにすでに接続された状態になっており、あとはグローバル・クラウド・エクスチェンジのネットワーク上で接続を有効にするだけです。
  • オンデマンド帯域幅により、お使いのAWSサービスに合わせた形でネットワークを利用でき、エンド・ツー・エンドでの俊敏性を獲得できます。

総所有コスト(TCO)の削減

  • お客さまの企業ネットワークを活用するので、高価なアクセス回線の必要なインターネット・インフラを重複して用意する必要はありません。
  • 従量制課金なので、使用していない帯域幅についてはお支払い不要です。
  • クラウドXフュージョンでは、AWSの安価なデータ転送料金を利用できます。
製品データシートをダウンロードする
アマゾン・ウェブ・サービス向けクラウドX®フュージョン