今すぐお問い合わせ
イーサネット専用線(EPL)

イーサネット専用線(EPL)

グローバル・クラウド・エクスチェンジのイーサネット専用線(Ethernet Private Line: EPL)は、従来の専用線の信頼性とセキュリティを、イーサネットのシンプルさ、柔軟性、安価といった特徴と組み合わせ、LANのスピードと柔軟性をそれよりはるかに大規模に展開して提供するサービスです。

EoSDH(Ethernet over SDH)技術を使ってネットワーク・レイヤ間をシームレスにつなぐイーサネット専用線により、一般的な接続を介した音声、データ、ビデオのコンバージェンス(融合)がシンプルに実現でき、それぞれのために重複したサービスを用意する必要がなくなります。それだけでなく、イーサネット接続であるため、お客さまの拠点での相互接続に必要な機器は、その他の接続の種類を利用する場合と比べてはるかに安価になります。

世界各地を幅広くカバーしているグローバル・クラウド・エクスチェンジでは、インド国内をはじめ、中東・アジア地域など、さまざまな地域でイーサネット専用線を提供することができ、新興市場への接続を必要とする企業と通信事業者のお客さまにとって大きなメリットのあるサービスとなっています。

 

アジア 中東 ヨーロッパ アメリカ
香港 オマーン キプロス 米国
インド カタール フランス
日本 サウジアラビア ドイツ
マレーシア アラブ首長国連邦 イギリス
シンガポール
韓国

イーサネット専用線では、3つのタイプを用意してあらゆるニーズに応えています。具体的には、プロテクションなしのイーサネット専用線(EPL Unprotected)が単一のパスを提供するのに対し、プロテクションありのイーサネット専用線プレミアム(EPL Protected Premium)は、障害発生に備えて専用のバックアップ・パスを提供します。一方、イーサネット専用線プラス(EPL Plus)は、2つのアクティブ・パスの間で帯域幅を共有し、経済的でありながらも本質的に信頼性の高いタイプとなっています。3つのタイプいずれの場合でも、帯域幅は2Mbpsから10Gbpsまで、2Mbps、50Mbps、150Mpbsきざみで提供されており、必要な帯域幅の分だけ支払えば済むようになっています。また、必要な場合には、既存のサービスを中断することなく、帯域幅を追加することができます。

2地点間以上を接続する必要がある場合は、ハブ・アンド・スポーク型のEPツリーを提供することで、お客さまのニーズにお応えします。

イーサネット専用線は一般に6-8週間で提供可能で、サービスはグローバル・クラウド・エクスチェンジが24時間365日保証するとともに、デリバリおよびアベイラビリティについて記載したサービス・レベル・アグリーメントを用意し、ホールセール・キャリア、コンテンツ・プロバイダー、法人のお客さまに必要となるさまざまな保証を提供しています。

 

製品概要をダウンロードする
イーサネット専用線(EPL)