今すぐお問い合わせ

マネージド帯域幅サービス

アジア、ヨーロッパ、中東、および米国の幅広い場所において、お客さまの宅内とグローバル・クラウド・エクスチェンジの接続拠点の間で、グローバル・クラウド・エクスチェンジのグローバル光ファイバー・ネットワークを介してプロテクションありの高速のマネージド帯域幅を提供します。マネージド帯域幅サービスでは、専用の優先ルートに加えてバックアップ・パスを用意することで優れたアベイラビリティを持つインフラを提供しており、事業継続性を常時保証します。

2Mbpsから10Gbpsまでの帯域幅が用意されているマネージド帯域幅サービスは、最先端のSDHおよびDWDMプラットフォームをベースにしており、SONET信号の伝送をフルサポートしています。本サービスは以下の国でご利用いただけます。

アジア 中東 ヨーロッパ アメリカ
香港 エジプト フランス 米国
日本 ドイツ
パキスタン イタリア
シンガポール オランダ
韓国 スペイン
台湾 イギリス

グローバル・クラウド・エクスチェンジでは、お客さまからご要望があれば、その他の市場へもローカル・アクセス回線または半二重回線経由でサービスを延長し、テーラリングしたネットワーク・ソリューションを提供しています(サービスにサードパーティの半二重回線が必要な場合でも、エンドー・ツー・エンドのマネージド・サービスを提供いたします)。

マネージド帯域幅サービスは、サービスの信頼性に対して最も包括的な保証を必要とされる通信事業者やプロバイダーに最適なサービスで、プライマリ・パス上でサービスの中断が発生した場合に、自動SDHループ・プロテクション、光プロテクト・スイッチング、またはマニュアル・プロテクションを介して、事前に指定されたセカンダリ・ネットワーク・ルートへとトラヒックをリダイレクトすることを保証します。

オンネット回線は迅速に提供可能で、多くの場合5営業日以内に提供でき(特別優先処理注文の場合。標準注文の場合は20営業日)、いったん設定が終了すれば、7日前までに通知することで容量を増減することができます。サービスはグローバル・クラウド・エクスチェンジが24時間365日保証するとともに、デリバリおよびアベイラビリティについて記載したサービス・レベル・アグリーメントを用意し、エキスパートがネットワークを監視して最高の基準に基づいて管理するので、お客さまは安心してネットワークのカバー範囲を拡大していただけます。

 

製品概要をダウンロードする
マネージド帯域幅サービス